透析の必要な高齢者の方へいつまでも安心の住まいを
みながの里
  • 文字サイズの変更
  • 標準
  • 特大

施設案内

みながの里施設案内
みながの里について

みながの里は、透析治療の必要な高齢者の方に安心して暮らしていただける住まいです。
併設の診療所・訪問介護・看護との連携で、支援の必要な方の生活を支えます。

特徴

・緑の木立に囲まれた閑静な住宅街
・全館バリアフリー仕様
・見守り、介護のスタッフが24時間常駐

施設概要

設立
:平成25年11月
施設類型
:サービス付き高齢者向け住宅
入居契約
:賃貸借契約
利用料の支払
:敷金入居時・賃料月払い
入居資格
:概ね65歳以上で自立・要支援・要介護の高齢者の方
建築構造
:鉄骨造
居室面積
:18.25-18.87㎡(33室)/25.35㎡(3室)
運営者
:医療法人社団みめぐみ会

入居費用

入居費用について詳しくはこちらをご確認ください。>>入居費用
東側概観 ラウンジ
併設する施設

サンクリニックみなが

最大30床の透析施設のある有床診療所です。
診療科目は内科・腎臓内科・糖尿病内科・人工透析。
「みながの里」と同じ建物内にあり通院も楽々。身近な医療機関として入居者の方、ご近所の皆様の健やかな暮らしを支えます。

訪問介護ステーションみなが

利用者の方の居室を訪ねて日常生活上のお世話・介護を行うため、訪問介護員(介護ヘルパー)が常駐しています。

住宅介護支援事業所みなが

専属の介護支援専門員(ケアマネージャー)が、入居者それぞれの方の実情に応じて、介護保険を利用した居宅サービス計画を作成します。
待合室
ページ先頭へ戻る