透析の必要な高齢者の方へいつまでも安心の住まいを
みながの里
  • 文字サイズの変更
  • 標準
  • 特大

みながの里での暮らし

くつろぎの居室

全室個室でプライバシーに配慮、各個室にはトイレ・洗面台・ミニキッチンを完備。またテレビ、冷蔵庫、クローゼットも備え付けています。広めのタイプのお部屋や、御夫婦にはコネクティングルームもお選びいただけます。

充実の共有施設

日差しの明るい食堂、くつろぎの個浴室と介護対応浴室、広い芝庭と家庭菜園など、共有施設も充実しています。

毎日のお食事

食堂にて、日替わりの献立を一日三食ご提供いたします。腎臓病・糖尿病など食事コントロールの必要な方にも、管理栄養士監修のメニューで対応します。

生活介護

併設する「居宅介護支援事業所みなが」のケアマネージャーが、入居者の方の実情に沿った居宅サービス計画を作成、それに基づいて介護ヘルパーが各居室で必要な介護サービスをおこないます。

緊急時の対応

24時間職員が常駐し、定期的に見回り・見守りをおこないます。また各居室・浴室・お手洗い等に設置するナースコールでの呼び出しに常時対応します。医療対応が必要な場合、直ちに併設する診療所の医師又は救急へ引き継ぎます。

出会い・ふれあい

併設の診療所には、隔日で通院する透析患者さんやご近所の方など、多くの人々が訪れます。日々の暮らしに小さな出会い、ふれあいがあるかも知れません。

ページ先頭へ戻る